もりおかし しゃきょう  ようこそ  

社会福祉法人 盛岡市社会福祉協議会


盛岡市社会福祉協議会のページ
はこちらから
更新情報



(2016/ 4/23)
被災地でのボランティア活動をお考えの皆様へ
 被災地では、徐々にボランティアを受け入れられる体制が整いつつあります。
 ですが、現在でも余震が続いていることもあり、二次災害に巻き込まれないために、ボランティア
に行かれる前に、留意していただきたいポイントをまとめたものがあります。


 以下、災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P
 並びに、
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)準備会からの発信です。

 是非出発する前に、ご一読ください。



 4月14日以降、熊本を中心に九州を襲った地震のことでは、様々な情報がテレビやSNSを通じて
流れており、多くの方が被災地、被災者のために「なにかしたい」「なにかできれば」と考えていると
思います。中にはボランティア活動の経験がないけれど、やってみたい人もいるでしょう。
 被災地でのボランティア活動を希望されている方々へ、お伝えしたいことをまとめました。

 いま、被災地の中では各所で渋滞が発生し、被災者の暮らしにも影響が出ています。多くの方が
個別に被災地に駆けつけることで、緊急車輌や災害復旧作業の妨げになり、さらなる渋滞や混乱
が生じることが考えられます。

 現場に入っている、これまで多くの災害時の支援経験を有する関係者からの情報では、「様々な
災害支援の経験を持つ柔軟で、専門性の高いNPO等によるボランタリーな活動」が必要とされてい
ます。

 気象庁の会見(4月20日)では、「熊本県から大分県にかけて活発な地震活動が続いている」「活
動が収まる傾向も見られておらず、今後も強い揺れを伴う地震や、家屋の倒壊などに警戒してほし
い」と言われています。
 つまり、現地に駆けつけたとしても二次被害の可能性が危惧されます。

 現在、災害ボランティアセンターを立ち上げ、ボランティア受け入れの準備を進められています。
しかし、宿泊場所の確保が困難、いまだ被害の全容が把握できていないこと、余震や悪天候など
により十分な活動ができないことなどから、個人による積極的なボランティア活動を行うのはもう少
し先になるでしょう。
 こういった状況も踏まえて、もし現地に行くのであれば、3つのことをお願いします。

1)安全管理のために装備を徹底すること
 現地で装備品・資機材を調達することが困難な状況です。ウェブサイトなどに掲載されている装備
例をもとに、いまお住まいの地域で必要なものを購入し、揃えてください。

参考:東京ボランティア・市民活動センター 「災害ボランティア活動の基本的な装備について」
http://www.tvac.or.jp/news/24281.html


2)宿泊場所、移動手段を事前に確保すること
 自らの責任で、宿泊場所、移動手段を事前に確保してください。被災地では、被災者や災害復旧
作業のために優先的に宿泊場所を提供しています。そのため、被災地から少し離れたところで、宿
泊場所を確保することをお勧めします。


3)いま住んでいる地域でボランティア活動保険に加入すること
 保険は自分のために加入するものです。被災地で加入すると結果的に現地の負担を増やすこと
になります。
 現地に行く前日までにボランティア活動保険(天災タイプ)に加入し、加入した証明(加入証など)を
必ず持参してから現地に行くようにしてください。その一手間が、被災地の負担の軽減につながりま
す。

ボランティア保険に関してはこちらをご覧ください。



(2016/ 4/ 20)
平成28年熊本地震義援金の募集について
 4月に起こりました熊本県熊本地方を震源とする地震により、県内外において、人的被害
をはじめ、家屋の倒壊等甚大な被害が発生し、熊本県の全市町村に災害救助法が適用され
ました。
 熊本県共同募金会および中央共同募金会では、このたびの災害で被災された方々を支援
することを目的に義援金の募集を行っており、盛岡市共同募金委員会でも受付しておりま
す。詳細につきましては、下記のとおりとなっております。

【義援金の名称】
平成28年熊本地震義援金

【募集期間】
平成28年4月15日(金) から 平成28年6月30日(木)まで

【義援金の受付】
・盛岡市共同募金委員会窓口(盛岡市社会福祉協議会内(若園町2-2))
振込窓口:ゆうちょ銀行 02380−6−2020  (福) 岩手県共同募金会
 ※必ず通信欄に災害名称(平成28年熊本地震)をご記入ください。

【義援金の送金】
 今回お預かりする義援金は全額、義援金募集をしている熊本県共同募金会に送金いた
します。
 また、熊本県共同募金会で取りまとめた義援金は、熊本県、日本赤十字社熊本県支部、
熊本県共同募金会等で構成される義援金配分委員会で決定し、被災者へ配分されます。

 ※ボランティアの情報については、熊本県社会福祉協議会ホームページをご覧ください。




(2016/ 4/ 14)

第1回ヘルパーサロンを開催します!
 盛岡市社会福祉協議会では、昨年度からホームヘルパーさん(未経験者も含みます!)を
対象としたヘルパーサロンを実施しています。
 今年度第1回目は、下記の日程・内容で開催しますので、是非みなさまのお越しをお待ちしています!

 日  時:平成28年5月11日(水) 17:30 〜 20:30

 場  所:盛岡市総合福祉センター 3F 講習室

 対象者:ヘルパーの資格取得者で未経験の方
      ヘルパー業務に従事している方
      ヘルパーの仕事に興味のある方

 内  容:キャップハンディ体験・交流会等

 問合せ・申込み:盛岡市社会福祉協議会 TEL 019-651-1000 FAX 019-622-4999


                   



(2016/ 3/ 22)
平成28年度 ボランティア保険の受付を開始しました!
 平成28年度ボランティア保険の受付を3月22日(火)より開始しました! 
 ボランティア活動をする際には入っていただくようお願いいたします。
 ※平成28年度も、基本Aプラン(掛金300円)の加入者において、市内在住の方
 に限り、150円が補助されます。
  
             ボランティア保険紹介ページへ



(2016/ 3/ 3)
NTT電話お願い手帳が贈呈されました
 3月3日の「みみ(耳)の日」に合わせて、今年もNTT東日本様より、電話お願い手帳が
贈呈されました。

 電話お願い手帳は、聴覚障がい者の方が外出先で電話連絡等を行う際に、指差しなどで用
件や連絡先を伝えるためのコミュニケーションツールとして利用できるもので、毎年贈呈さ
れており、聴覚障がいの方のために役立てられています。
 また、電話お願い手帳とともにふれあい速達便といったFAX送信用紙も贈呈されました。
 この電話お願い手帳、ならびにふれあい速達便につきましては、盛岡市社会福祉協議会の
窓口などで手にすることができます。



 



(2016/ 2/12)
盛岡市内サークル活動の一覧をホームページに掲載しました
 盛岡市のサークル活動の一覧のデータをPDFで掲載いたしました。
 下記のリンク、またはトップページにもリンクを掲載しています。市内のサークル活動の
詳細を掲載しておりますので、どうぞご覧ください。

              盛岡市内サークル活動一覧



(2015/10/01)
赤い羽根共同募金運動が始まりました

 10月1日から全国一斉に赤い羽根共同募金運動が始まりました。
 赤い羽根共同募金は、高齢者や障がい者、子ども達などを支援する様々な福祉活動に役立てられます。また、大規模災害時などには「災害ボランティアセンター」の設置や運営により、被災地支援活動を支えるために役立てられます。
 共同募金は、自分の住むまちの地域福祉を支える募金です。私たちの住むまちがもっといいまちになるよう、今年も皆様の温かいご支援をお願いいたします。 


  
 


(2014/06/11)

社協ナビ(盛岡市社協パンフレット)WEB版をホームページに掲載しました

 盛岡市社会福祉協議会では「社協ナビ」と題し、盛岡市社会福祉協議会が提供するサービスのご案内用のパンフレットを作成いたしました。
 盛岡市社会福祉協議会で行っている事業や問い合わせ先なども載っておりますので、どうぞご覧ください。

 ※下記Linkからご覧になれます。
               社協ナビ ←クリックするとPDFファイルが開けます






盛岡市社会福祉協議会では当協議会発行の会報誌
「福祉もりおか」への広告掲載企業を募集しています。
福祉サービスに関する苦情やご相談はこちらへ 福祉サービスに関する苦情やご相談はこちらへ

マーク 社会福祉法人 盛岡市社会福祉協議会
 E-MAIL:info@morioka-shakyo.or.jp
 
Copyright(c) 社会福祉法人 盛岡市社会福祉協議会